塗装仕様

カラーベスト・スレート瓦への遮熱塗装仕様

ポットライフ/20℃ 6時間

No 工程 使用塗料とその処理 塗装方法 標準塗布量

塗装間隔

(23℃/時間)

ウェット膜厚 ドライ膜厚
素地調整

サビ発生箇所は、ワイヤーブラシでケレンする。

土泥の汚れのある場合は高圧水洗を行い、よく乾燥する。

表面にゴミが付着している場合はエアブロー又は、刷毛で取り除く。

2 下塗

浸透性シーラーLCⅡ

 主剤(1缶): 6kg

 硬化剤(1缶): 6kg

主剤:硬化剤=1:1

刷毛塗り、

ローラー

★1

0.1~0.3kg/㎡ 48H~10D    
3 中塗

絶対遮熱王 各色

 主剤(1缶): 15kg

 硬化剤(1缶): 1.5kg

 専用シンナー :0~0.7kg

主剤:硬化剤:

シンナー=1:1:0~5 

 刷毛塗り、

ローラー

★2

0.15kg/㎡ 4H~7D 約130μm 約70μm
4 上塗

 

絶対遮熱王 各色

 主剤(1缶): 15kg

 硬化剤(1缶): 1.5kg

 専用シンナー :0~0.7kg

主剤:硬化剤:

シンナー=1:1:0~5 

 

刷毛塗り、

ローラー

★2

0.15kg/㎡ 4H~7D 約130μm 約70μm
5 縁切り

 毛細管現象を防ぐために、水切部で化粧スレーの上下の重なり部分が塗料でつまっている箇所はカッター・スケラー等で縁切りして下さい。

 

 

注)上記の各数値は、すべて標準のものです。施工方法、施工条件によりそれぞれ多少の幅を生じることがあります。

   表中の塗布量には工事ロス分は含んでおりません。

1 下地の吸込みが少ない場合は、2回に分けて所定量を塗布してください。その場合30分以上の間隔をあけてください。

2 使用するローラーには、中長毛が適します。

【備考】

10℃以下の気温では上塗りは、一昼夜放置後行って下さい。

*下塗塗膜の上へ土足で乗ることは避けて下さい。この場合ウエスをテープなどで靴に巻き付け乗って下さい。