遮熱塗料のパイオニア  ミラクールの住宅専用 遮熱塗料です。

戸建て用 新ブランドの販売開始

弊社は1996年、国内では先駆けて遮熱塗料の製造販売を開始しました。

18年間、各種工場、倉庫の屋根や外壁を筆頭に、道路、ショッピングセンター、車両など幅広い分野で多数の実績を誇ります。

 

「絶対 遮熱王」は信頼と実績の「ミラクール」の住宅専用遮熱塗料です。

こんなお家に最適です。

  断熱済みなのに、お家の中が暑い!

断熱材は熱が内から外へ、外から内へ伝わるのを防ぎます。グラスウールとロックウールが代表的なものですが、厚みがあればあるほど、熱は伝わりにくくなります。ただあくまでも「熱の伝わりを遅くする」のが目的ですので、朝から降り注ぐ夏の強烈な熱は断熱材をゆっくりと外から中に伝わっていきます。夕方、こもった熱で部屋の中が暑くなるのはこれが理由です。

  屋根が金属製などトタンのお家

昔ながらの和瓦はそこに塗ってある釉薬が遮熱効果を持っています。実は、日本の風土に合ったものなのです。ただ近年の住宅の構造から洋瓦、金属屋根の家がずいぶん増えました。更に震災で思い瓦が落ちてしまうなど危険を伴ったこともあり、東日本大震災以降、金属製の屋根が急増しています。トタンは軽いのですが、熱をそのまま吸収してしまいますので、最上階の部屋はどうしても暑くなる傾向にあります。

  屋根・壁の劣化を防ぎたい!

屋根も外壁も通常10年ほどでメンテナンスが必要になってきます。劣化を促進させる代表的なものは、雨、太陽光の紫外線、太陽光の熱量そのものがあります。塗料をぬればその塗膜が紫外線の吸収を防ぎますが、遮熱塗料はさらにその熱も塗膜でカットしますので、当然屋根の劣化を遅らせ、塗り替えのサイクルは長くなってきます。

  環境性能を向上させたい!

環境配慮型の建築は法人の事業所、工場などが先行していますが、戸建てでも2001年「CASBEE」という、建築物の環境性能で評価し格付けするシステムが出来ました。屋根・壁への遮熱塗装も省エネ改修として、自治体の中では改修の際の助成対象に指定されているところもあります。

  省エネで暮らしを豊かにしたい!

夏、戸建て最上階ではじわじわとこもった熱が夜になってもひかず冷房を消せない、また冷房の効きが悪いなどということが多くあります。遮熱塗装すれば、熱を屋根・壁面でカットしてしまうので、冷房の効率は格段に良くなります。